素敵な魚

ペットの健康を守る

小さな魚にする

近年はうさぎがペットとして飼われることが一般的となってきて、動物病院でもうさぎの診療をしてくれるようになりました。しかし専門医に診てもらう以外にも、日頃からうさぎの体調管理をすることが大切です。

Read more...

負担の少ない金額

サンゴに隠れる

ペット保険に加入することにより、飼っているペットが病気になった際にも対応できます。毎月1000円程度で加入できるため、収入が少ない人でも利用することができるようになっています。

Read more...

負担を抑える

水草を交換する

飼っているペットはいつまでも健康でいる事はなく、何らかの病気に罹る場合もあります。ペット保険に加入することにより、高額な治療費の負担を抑えることができ、安心して治療ができます。

Read more...

ペット火葬のこと

元気に泳いでいる

心を込めたペット火葬なら大阪ですることが出来ます。個別火葬も可能ですので検討してみてはどうでしょうか。

家族の一員となる、ペット供養を行なうなら、専門業者へ。予算に応じたプランをご提案するので、財布と相談できますね。

私が生まれた頃から一緒でした

私には大切な家族がいました。それは犬なのですが、私が1歳のときから一緒にいたので本当に家族と同然に一緒にいたのです。 私が大学に入学したころから体調を崩し始めてしまって、あまり歩けなくなってしまい、目に見えて弱っているのが分かってきたのです。できるだけ話しかけるようにして、元気になって欲しいなとおもってお守りを買ってみたり、色々としてみた思い出があります。 しかしその時は訪れてしまって、私が夜ご飯を食べ終えた後に様子を見ると息を引き取ってしまっていたのです。その瞬間は涙が出ませんでしたが、それからずっと泣き続けていたのです。せめてもの救いは、苦しんだりせずに安らかに死んでいったことで、死に顔も安らかな感じがしました。

ペット火葬のおかげです

朝になるまで眠らずに泣き続けていましたが、母からペット火葬のお知らせがありました。母も悲しんでいましたが、このままにしておくわけにもいきません。私は母に連れられて犬を冷やしたまま連れて行きました。 個別火葬とのことで、立会いもできたので、最後のおわかれの瞬間まで一緒に居れました。犬が使っていた愛用のタオルケットやおもちゃ、木でできた餌の容器なども入れて、犬を安置しました。その後は火葬してもらって、骨を骨壷に入れてもらったのですが、とても丁寧な対応をしてくれたので、ペット火葬をしてとても良かったと思います。 私も体感したので分かるのですが、ペットとの別れは大変悲しいものですが、ペット火葬をすることで、お別れを意識したほうがいいのかなと思いました。ペット火葬は絶対必要だとおもいます。

小型犬と暮らす日常は心の癒やしになるでしょう。ヨークシャテリアはブリーダーから購入すると良いですよ。元気な子犬との出会いはこちら。

オススメリンク

  • 犬の病気について情報が知りたいならこちらのサイトを活用しましょう。もしもの時に知っておくと役に立つ情報盛りだくさんですよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加